MENU

薄毛で髪がスカスカ・・・頭皮が見えていた岡村隆史

お笑い芸人のナイナイ岡村隆史さんは、一時薄毛がかなり進行し、髪がスカスカになって頭皮が見える状態になっていました。40代と言えば初老ですし、ある程度髪の毛が薄くなるのは仕方がないという専門家の意見もあったようですが、岡村さんは薄毛を克服すべく 「 ある治療 」 を受ける道を選択します。

 

もくじ

ホントに増えたナイナイ岡村隆史さんの髪の毛



ナインティナインの岡村隆史さんは、一時は完全な 「 薄毛キャラ 」 でした。

チビで、独身のおっさんで、さらにハゲている・・・

これは芸人としては 「 オイシイ 」 のかも知れませんが、やはりというか、当然というか、本人はかなり悩んでいたそうです。
先輩芸人の出川哲朗さんに相談したりしてたみたいですけど。
で、なんとか薄毛を治したい!ということでナイナイの岡村さんが選んだ方法が、AGA治療です。

もちろんあなたは 「 AGA 」 という言葉くらいは聞いたことがあると思いますが、ご存じない方のために簡単に説明すると、AGAというのは男性型脱毛症のことで、ウィキペディアには 「 思春期以降に発症する進行性の脱毛症のことである。 」 という非常にザックリとした解説があります。大人になって進行する薄毛・・・、まあその通りと言えばそうなのですが、これだけでは、だから何?という感じですよね。。


男性型脱毛症(AGA)に大きく関係しているジヒドロテストステロン


いまのところは男性型脱毛症(AGA)については、分かっていることと、いまだ不明な部分があります。
分かっていることとしては、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが大きく関係しているということ。

「 テストステロン 」 という男性ホルモンがあるのですが、これが頭皮にある5αリダクターゼという還元酵素と結びつくと、より強力な男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。
このDHTがどんな働きをするかというと、毛根の中にある毛乳頭の受容体に結びついて TGF-β という脱毛因子を増やすのです。

TGF-βが増えるとどうなるか?
正常なヘアサイクルが乱れ、髪は完全に成長しないまま抜け落ちます。

→ 髪の毛が十分に成長せずに抜け落ちる
→ 頭皮には未成熟な髪の毛が増える
→ 分け目が目立つ、頭皮が見えるようになる
→ ハゲが進行する



という悪循環を招くのです。


AGA(男性型脱毛症)が完全に解明されれば、世の中からハゲや薄毛で悩む男性はいなくなるわけで、それはノーベル賞どころではないもの凄いインパクトがあることですが、残念ながら現在のところは薄毛の原因や対策が完全に解明されたわけではありません。

しかし上記したように、現状で 「 わかっていること 」 もあるのです。


治療薬によって5αリダクターゼ(還元酵素)の働きを阻害する

DHT(ジヒドロテストステロン)は前立腺や男性器の発達に大きく関係している男性ホルモンなのですが、増えすぎると毛髪のサイクルを狂わせ、髪を軟毛化し、ハゲや薄毛の原因となります。

 

AGA治療では薬を服用することで5αリダクターゼという還元酵素の働きを阻害して、テストステロンが代謝されてジヒドロテストステロンに変換されるのを抑制するのですが、そのためのお薬が 「 プロペシア 」 になります。成分名はフィナステリドといいます。
通常は、AGAクリニックと呼ばれる専門の病院で診察を受け、お薬を処方してもらいます。

 

岡村隆史さんが選んだ薄毛対策は 「 AGA治療 」 です

ナインティナインの岡村隆史さんが選んだ薄毛治療というのは、このAGA治療のことです。
以前ご自身がラジオで話していたので間違いないと思いますが、ナイナイの岡村さんが服用していたのは、 「 プロペシア 」 と 「 ミノキシジルタブレット 」 です。

 

ミノキシジルタブレットは通称 「 ミノタブ 」 と呼ばれる錠剤で、ミノキシジルというと 「 ロゲイン 」 や 「 カークランド 」 といった頭に塗布するタイプが有名ですが、服用した方が吸収率がいいので、外用タイプのローションと比較して即効性が高く、短期間で効率的な育毛効果が期待できるといわれています。

 

 

プロペシア ・・・ 脱毛予防効果
ミノキシジル ・・・ 発毛効果

 

 

このように、1)プロペシアで脱毛を予防して、2)ミノキシジルで発毛を促す、というのがAGA治療の核であり、

 

「 プロペシアとミノキシジル(ミノタブ)の併用が効果的 」

 

と言われる理由です。

「 プロペシア 」 や 「 ミノキシジル 」 をネット通販する(個人輸入代行)

さてここまで、薄毛で悩んでいたナインティナインの岡村隆史さんが選んだ治療法がAGA治療であり、
AGAクリニックで 「 プロペシア 」 や 「 ミノキシジル 」 などの医薬品を処方してもらっていたというお話をしました。
お薬によるAGA治療をはじめた岡村さんの髪の毛がどうなったか・・・、効果はご覧のとおりです。

 

 

髪の毛、かなり増えましたよね。

 

 

で、「 プロペシア 」「 ミノキシジル 」 は本来AGAクリニックなどで処方してもらうものなのですが、
じつは自己責任のもと、個人輸入代行サービスを使って購入している人もたくさんいますので、そのあたりのことをご説明しますね。

 

医薬品というのは本来病院で処方してもらうものですが、自分が使うために、自己責任のうえで、海外から輸入することができるんです。 “個人輸入” と聞くと何だか難しく感じるかも知れませんが、商品が届くまでにちょっと時間がかかる以外は、普通のネット通販となんら変わりありません。

 

 

「 薬効は同じ 」 なのに安く購入できるジェネリック医薬品

 

それからジェネリック医薬品についても触れておきますが、製薬会社によって最初に開発・承認・発売された医薬品を “先発医薬品” と呼びます。薄毛対策の薬でいうとプロペシアがそれに当たります。医薬品には特許があるわけですが、特許の期限が切れた医薬品であれば、ほかの製薬会社も製造できるようになるんです。

 

このように特許が切れた医薬品をほかの製薬会社が製造販売したものをジェネリック医薬品 (もしくは後発医薬品) というのですが、先発医薬品とおなじ薬効があり、さらに安く購入できるというメリットがあります。
個人輸入サービスを使うときは、こういったことも踏まえておくと良いと思います。

 

AGAクリニック or 個人輸入代行サービス

専門の医療機関でAGA治療薬を処方してもらいたい方は、AGAクリニック を検討されるとよいでしょう。
プロペシアやジェネリック医薬品を個人輸入代行サービスを使って購入したい方は、
下記のリンクを参考にしてください。

 

候補がありすぎで迷ってしまう・・・という方は、まずはこちらを試されるとよいかもしれません。
フィンペシア(Finpecia)1mg 1箱100錠(キノリンイエローフリー新タイプ)+ミノキシジルタブレット5mg(100錠)

 

 

< プロペシア : 抜け毛、脱毛予防 >

先発医薬品(プロペシア)なら
プロペシア(オーストラリア版)1mg 【1箱28錠】

 

プロペシアのジェネリック医薬品なら
フィンペシア(Finpecia)1mg キノリンイエローフリー新タイプ 【1箱100錠】

 

 

< ミノキシジル : 発毛促進 >

 

※推奨されている服用量は、1日あたり5mgからです。
※コスト面で考えると、10mgのタブレットを購入して ピルカッター で割った方が安いです。

 

 

< ミノタブ と フィナステリド をセットで購入する >